本当はとっても怖い高血圧

高血圧と頭痛

高血圧の症状のひとつに頭痛というのがあるといわれていますが、高血圧そのものが、頭痛を引き起こしているのかは、はっきりとした原因が、特定できていないようです。合併症として、脳にさまざまな症状が発生している場合に、頭痛や吐き気などの症状が出る事が多いようです。

脳浮腫など重度の場合は、より強い頭痛や吐き気、嘔吐なども現われ、直ちに治療が必要になります。しかし、頭痛の原因は高血圧が元になっているものだけに限ったことではないため、頭痛が起こっても、高血圧が原因だと考える方は少ないのではないでしょうか。しかし高血圧症の方に頭痛が起こりやすいのは事実のようです。

考えうる事は、血圧の上昇で、脳内の血管を広げ、神経を刺激することが原因で頭痛が起きるのではないかという説が有力とされています。高血圧でない方でも、血圧の変化は頭痛を引き起こす原因となっているのかもしれません。

ただ、急激な血圧の上昇で脳圧が上昇して起こる、高血圧緊急症(高血圧性脳症)は脳卒中の一種とされている危険な症状で、これによっても頭痛が起きる事があります。頭痛の他にも視力障害、痙攣、意識障害などが起こることもあり、すぐに治療が必要となります。

高血圧が原因となって起きる頭痛全てが、すぐに死に至る危険なものではないとしても、なんらかの体の変化を訴える信号であることには変わりありません。もしかしたら、その頭痛の陰に重大な病気が潜んでいるかもしれません。自己判断で頭痛薬や痛み止めでごまかさず、一度診察される事をお勧めいたします。