本当はとっても怖い高血圧

高血圧性網膜症

高血圧性網膜症とは、高血圧を引き起こす抵抗血管が、極限状態に収縮してしまった状態のこと(血管痙縮性網膜症)をいいます。初期の段階では自覚症状がありませんが、人によっては見えづらくなることもあるようです。

しかし、眼底出血を起こしたとしても、血圧が下がることで、高血圧性網膜症は治っていきますが、高血圧が進むと、視神経乳頭の周囲がむくみ、視神経が死滅し、視野が欠けることがあります。ひどいむくみが長く続くと、回復せずに視力障害が残ることもあります。

目には網膜動脈と呼ばれる、直径1ミリに満たない細い血管がたくさんあります。眼底にある血管、網膜動脈は、抵抗血管=細動脈(末梢動脈)の代表ともいえる存在です。その網膜の細動脈の端の毛細血管が、血液不足なったり、破損などの症状が出ます。さらに、静脈系の血管にも同じような変化が起きてしまいます。

このような状態になると、神経組織である網膜は機能障害を起こし、部分的に壊死する箇所が出ることもあるということです。それを直に見ることによって、動脈が太いか細いかの判断が容易にできます。眼底検査で網膜血管を見ることは、血圧が上がる原因(機能的狭細なのか、細動脈硬化が進んだ為に、血管が細く見える器質的狭細なのか)をある程度まで判定できてしまうという事になります。

血管の筋肉が縮んでいるのか(機能的狭細)、硬化してしまったのか(器質的狭細)を知る事は、高血圧を治療する上で重要な手がかりになります。機能的狭細の高血圧症ならば、比較的治療が楽といわれていますが、細動脈硬化が主体の場合は、専門的な治療が必要になってきます。高血圧は早期発見と、早期治療が非常に重要です。