本当はとっても怖い高血圧

早朝高血圧

一般に血圧は、朝が高く夜寝ている間は低くなります。特に早朝は体内時計により、これから1日の活動準備に入るため、血圧の上がり方がが著しく、朝と夜の最大血圧を足して割った平均値が135mmHg以上で、朝と夜の血圧差が15mmHgから20mmHg以上違うことがあります。

既に高血圧症であると診断され、降圧剤を朝起きてから服用するという患者さんも多いかと思いますが、その後、昼間?夜にかけて血圧が高くないといっても、安心できないといわれています。実際、薬を服用している患者さんの中でも、昼の血圧が正常な人の2人に1人が、朝の血圧は高いというデータがあるそうです。このように朝の血圧が高い状態を、「早朝高血圧」と呼びます。

心筋梗塞最小血圧ともに、高ければ、高いほど早朝のや脳卒中の脳・心血管病発症など命にかかわる病気が多発するのが、朝起床後に多いことから、早朝の血圧を知っておくのが重要です。

早朝高血圧の人は、脳・心血管疾患になる確率が、3~6倍高いといわれています。最大血圧、危険性があります。夜間の血圧値と、早朝の血圧値の差が大きい状態を、モーニングサージといいます。この患者は、脳卒中発症の危険性が、約3倍高くなるといわれています。

早朝高血圧には、朝目が覚めると同時に血圧が急上昇するディッパー型と、夜血圧が下がらないままなだらかに上昇するノンディッパー型があります。 ノンディッパー型は、加齢とともに増加する傾向にあります。虚血性心疾患や脳血管疾患になる危険が高まり、心不全、糖尿病、睡眠時無呼吸症候群の多くがノンディッパー型だといわれています。