高血圧と診断されたら

運動療法

運動というとスポーツで汗を流す、そんな想像する方もいらっしゃるかと思いますが、そのような激しい運動は高血圧症の方には不向きです。

運動には有酸素運動と無酸素運動があります。有酸素運動はエアロビクス、エアロバイク、ウォーキング、ゆっくりした水泳などで、無酸素運動は瞬発的に力をいれる腹筋、腕立て、スクワットなどの、筋力トレーニングや短距離走などの事をいいます。

高血圧の人に向いているのはウォーキングなどの有酸素運動で、無理なくゆっくりと体を動かし続けられるものが良いでしょう。血圧を急上昇させる短距離走などの無酸素運動は、脳卒中を引き起こす危険があるので、高血圧の方は注意が必要です。

軽度の高血圧症の場合は、運動を継続的に行う事で、血圧が正常値に戻ることもあります。中以上の高血圧症の状態ですと、運動により血圧を正常値に戻す事は難しく、薬による治療も取り入れる必要があるでしょう。しかし、運動療法も併用することによって薬の量を減らす事ができる場合もあります。ただ運動を止めてしまうと、また血圧が高い状態に戻ってしまうこともありますので、継続的に行う事が健康維持には重要です。

目安としては、血圧の数値が180mmHg未満/110mmHg未満の方に運動療法は良い効果があると言われています。これ以上の重症高血圧の人や合併症のある人に運動は、むしろ血圧を悪化させることもありますので、運動療法を行いたい場合は、必ず医師に相談してから行ってください。