高血圧と診断されたら

食事療法

食事をするという行為は、人の体を作る為に、非常に大切だという事は、どなたでもご存知だと思いますが、その食事をいい加減に取っている方がなんと多いことか、ファストフードやコンビニ弁当などの発達で、若い方は特に、簡単に手軽に食事を済ませてしまっている事が多いのではないでしょうか。

そのことが後々自分の体にどれほど危険な影響を与えるのかを知らずにいるのは、老後の人生を快適に過ごせるか、苦しみながら過ごす事になるのかに関わってきます。高血圧は経過の長い病気であり、初期には自覚症状がない為に、放置してしまう事が多いのですが、自然に治る事はまずありませんので、放置すればするほど着実に進行し、じわじわとあなたの体を蝕み、脳血管障害や、心筋梗塞などを引き起こします。

日々の食事が体に与える影響は高く、高血圧の体を作るのも、作らないのも毎日の生活と食事で決まると言っても過言ではありません。それほど食事は重要な意味を持っています。

なかでも「塩分のとりすぎ」は高血圧を予防する上でも大敵です。「DASH食」という言葉がありますが、これはDietary Approaches to Stop Hypertensionのことで、高血圧を止める食事の方法、すなわち、「脂肪分を採り過ぎない。マグネシウム、カルシウム、食物繊維、カリウムを多く採る」などの点に特に配慮した食事のことです。和食はこの高血圧予防に適した食事と言われていますが、塩分が高くなる傾向にあるので、塩分を抑えた和食を毎日食べる事は、私たちが人生の半分を楽しく過ごせるか、そうでないかにかかってくると言えるでしょう。

日本人の1日の平均塩分摂取量は11~12g程といわれていますが、日本高血圧学会の高血圧ガイドラインによると、1日の塩分摂取量は6g以下が良いとされています、大体今の半分の塩分量にする心がけが必要ですね。外食でのラーメンは1杯で4~6g(約1日の塩分摂取量相当)の塩分を摂取してしまうことになりますので、スープはなるべく残すようにすることをお勧めいたします。 あなたはこれからも、いい加減な食事を取り続け、高血圧の合併症に苦しみながら過ごしたいですか?