高血圧と診断されたら

薬物療法

高血圧症が進行すると、どうしても薬の助けが必要になります。「降圧薬」といわれるものを服用することになります。降圧薬は血圧の高さだけで決まる訳ではなく、合併症の有無、進行具合などを考慮して、医師の判断で個別に処方されます。必ず医師の指導に基づき、自分勝手な判断は止めてください。

高血圧は一度なってしまうと、完治することがありませんので、高血圧になってしまった=死ぬまで付き合っていかなければならない、そう覚えていなければいけません。そのため高血圧の薬「降圧薬」は長期間継続して服用する事が前提となって作られています。

初期の高血圧では運動療法や食事療法だけで、血圧が高くならないように注意しながら生活できる事もありますが、中?重度の高血圧症では薬の使用が避けられません。もちろん薬を服用すると、それなりの副作用に苦しむ方がいるのも事実です。ただ、降圧薬は高血圧を治す為の薬ではなく、血圧を下げる為の薬です。副作用が起きたとしても、薬を飲み続けて血圧を下げて、高血圧による合併症の発生を抑える方が大切だという事になります。それほど、高血圧というのは、体に危険な影響を与えるという事です。

薬の服用による、副作用には、「非特異的副作用」と「特異的副作用」があります。「非特異的副作用」は中毒性、アレルギー性の反応によるもののことをいいます。このような症状が出たと診断された場合は、その薬の服用を止めてください。あくまで自己判断ではなく、医師の指導のもと中止してください。

「特異的副作用」とは、カルシウム拮抗薬により、血管を拡張させた結果、血色が良くなり、顔が赤らんだり、頭痛や咳などの軽い副作用が出たりすることがあります。一般的に副作用とはこの「特異的副作用」をさす場合が多いです。 一時的に血圧が下がっても、自分の判断で中止したり、量を勝手に変えるのは危険です。血圧が安定せずに、上下が繰り返されると血管に傷を付ける原因となったり、かえって危険です。