血圧を知る

1日の血圧の変化

血圧は、体の状態に合わせて、常に変化しています。主に、気温の変化や寒い季節、ストレス、精神の興奮状態、運動、食事、入浴、などによって血圧は、上昇しやすくなります。季節で見ると一般に暖かい夏に低く、寒い冬は高くなります。

一日を通してみても変化します、これを血圧の「日内変動」といいます。これは、起床前より少しずつ上がり始め、日中の活動時間帯には高く、活動が低下する夜は低く、睡眠中は最も低くなる。という基本的なカーブを持っています。基本的なカーブは個々によって当然違いますし、同じ人であっても、ストレスや運動などによっても変化します。

いつもは正常な血圧値の人でも、時間帯によっては高血圧になることがあります。これを「仮面高血圧」と言ったりします。別項目で詳しく説明いたしますが、この他にも「家庭血圧」「白衣高血圧」「外来血圧」など場面によって変化する特徴のある呼び名が付けられる程、血圧は敏感に反応します。このように、血圧は場所や時間、季節や気分など様々な状況に合わせて変化し続けるという事です。

高血圧と診断された方の中には、血圧を測るたびに変化する血圧計を見て、上がった!下がった!と一喜一憂される方がおられますが、これはあまり良い事ではありません。それこそ血圧が上がってしまうかもしれません。

自分の血圧を知るには、朝・晩、最低でも2回は血圧を測る習慣を付けて、どのような時に上がる傾向にあるのか等、自分の血圧の変化を把握して正しく対応する事が大切です。