血圧を知る

家庭での血圧管理

場所や状況、季節等で、刻々と変動する自分の血圧変動を把握して、正確な血圧を知る事はとても大切な事です。そのためには、ご家庭でも血圧計測ができる事が望ましいといえます。近頃は非常に手軽な血圧計も沢山売られていますので、ご自分に合った血圧計も簡単に見つける事ができると思います。

血圧を測るときのポイントは、最低でも1日朝、夜2回は計測する。 タイミングは、起床後1時間以内、排尿後、朝食前で薬の服用をする前に測定するのが良いといわれています。

いっぽう夜は、食事、入浴、薬の服用、排尿を済ませ、就寝の前に測定するのが良いといわれています。そして、計測した血圧は記録しましょう。また長期間測定を続け、同時に心拍数も一緒に記録しておく事をお勧めいたします。これらは、病院での判断の目安にもなりますし、健康状態を知る上でも役立ちます。

但し、血圧測定値を見て、自分勝手な判断をせず、医師のもとで診断、治療を行ってください。 家庭用の血圧計には数種類ありますので、ご自分に合った計測器をお求めください。種類としては「上腕式(巻きつけ型)」「アームイン血圧計」「手首式」「トラベル血圧計」「水銀血圧計」などがあります。

血圧を測定する時は、上腕で測定するのが望ましいといわれていますが、仕事や外出などで測定が難しい場合は、「手首式」という小型なものもあります。「手首式」のように体の末梢で計測するタイプの物は、外環の影響を受けやすく精度が落ちますが、目安にはなりますので、携帯して測定するのも一つの方法です。まずは1週間続けてみましょう。